ムイラプアマはサプリで補給できます。
ムイラプアマムイラプアマはアマゾンの熱帯雨林地方を中心とするジャングルに自生するボロボロノキ科に属するハーブのことです。高さはおよそ5mほどに成長をします。ボロボロノキはビャクダン目の植物の科として知られており、ちょっとお線香の香りに似たような、どこか日本人の心が落ち着くような和の香りがするのが特徴です。ブラジルのアマゾンでは古くから滋養強壮として使われており、その成分がはっきりと判明していない時代の頃から、現地の人たちは男性の性機能改善として利用してきました。

さらにムイラプアマはブラジルでは薬局に医薬品としての取り扱い登録がされています。 ムイラプアマは欧米でもハーブの医療に使われており、その効果は特に男性のインポテンツの治療薬としてイギリスでは推奨されています。また同じヨーロッパのドイツでは中枢神経の強壮剤としても利用されています。アメリカではインポテンツや女性の月経の不快感を改善するためにも使われています。

日本においては一部の栄養ドリンクなどにムイラプアマは配合されており、また、滋養強壮剤サプリメントにも配合されている成分ですのでご存じの方がいると思います。ムイラプアマは捨てるところがないといわれるほど、根っ子や樹皮、葉っぱなど全てが捨てることなく利用されていますが、根っ子の部分は日本でも医薬成分して認定されています。また、その香りから媚薬効果も高いとされているので、女性の性欲を高める成分としても利用されているようです。さらには、胃腸の具合が良くない時にも効果があるとされています。

 


ムイラプアマ配合のおすすめサプリメント

ブラックアップ  ブルーエナジー


ムイラプアマの成分
ムラプアマには主にクマリン、ムイラプアミン、アルカロイド、エステル化合物、タンニン酸、アッファレジニック酸、フォルパフェーネ等の成分が含まれています。現在、ムイラプアマの成分については研究が行われており、どの成分との複合効果によってどのような作用があるのか研究段階です。今のところ男性にとってはEDの改善や精力を高める作用があることが実験によって分かっています。


ムイラプアマは医薬品成分の宝庫
ムイラプアマの木はほとんどの成分が滋養強壮剤や医薬品成分として指定されているほど奇跡の木とも呼ばれています。日本では根の部分が医薬品成分として使われています。ブラジルでは医薬品として薬局に登録がされているほど信頼のあるものです。また、イギリスではハーブ薬局では赤痢やインポテンツの治療薬として登録。

欧米ではインポテンツや生理障害の改善薬として、ドイツでは神経系の医薬品として利用されています。その他には、消化不良や慢性リューマチ、手足の運動失調症、麻痺、ストレス緩和、疲労回復、更年期障害の方向けにも利用されており、ムイラプアマはそれぞれの国でいろんな医薬品として使われおり、その用途は多岐に渡っています。


ムイラプアマの過剰摂取には注意
基本的には副作用のほとんど報告がされていない成分ではありますが、ムイラプアマに含まれている成分であるクマリンは飲み過ぎてしまうと肝障害を起こす可能性があるので注意してください。摂取量の目安として、ドイツでは健康被害が出ない量としては体重1キロに対して、0.1mgまでが問題がないとされています。

体重70キロの人でしたら、7mgまでの範囲以内でしたら目安として安全とされています。もちろん、こちらはドイツの定められた量ですので、日本の安全基準ないとは違うという事を頭に入れておいてください。またムイラプアマは医薬品成分に使われるほどの成分ですので、他の薬を併用されて飲まれている方は十分な注意と係つけの医師にご相談をされてください。


ムイラプアマで血流改善
ムイラプアマで血流改善ムイラプアマのクマリンという成分が人間の身体に摂取されると、体内の血流を良くする作用があることが分かっています。このクマリンはたいへん抗酸化作用が強く、人間の身体は酸性に傾くと疲れやすくなったりしますので、それを調整してくれる作用があります。

さらに血流を改善することによって血流をサラサラ状態を保ち、血液の流れをスムーズにしてくれる作用があるので動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の原因となる血栓を未然に防いでくれる作用があるとも言われています。また、血液が体内にスムーズに流れるので、勃起力の手助けになることがあると考えられています。



ムイラプアマに含まれるクマリンとは
ムイラプアマに含まれているクマリンとは抗酸化物質のポリフェノール酸系に分類される香り成分です。クマリンは特にミカン科やマメ科、キク科に多く含まれていることが多く、スーパーで購入できる身近なものとしてはミカンやグレープフルーツなどの柑橘類はクマリンを多く含んでいます。

クマリンの香りとしては、バニラのような芳香性を持っており、その香りはリラックス効果があると知られており、香料として世界中で使用されています。しかしながら日本では、肝臓の機能を弱めてしまう作用があるということで、クマリンは香料としての使用が認められておりません。クマリン自体はむくみ改善、抗菌効果、活性酸素を抑制する働きがあるので、老化防止や病気から身体を守ってくれる作用があります。


ムイラプアマに含まれるクマリンが多く含まれる食品
パセリ、にんじん、もも、みかん、グレープフルーツ、
パセリ人参ももオレンジグレープフルーツ

ページトップへ