蜂の子はサプリで補給できます。
蜂日本では長野県が蜂の子の名産地として有名ですが、長野県の他には、岐阜県、静岡県、山梨県、宮崎県、岡山県、愛知県などの山間部で冬場の厳しい自然環境の中で貴重なタンパク源として食べられてきました。蜂の子とは、主にスズメバチやミツバチ、クロスズメバチ、アシナガバチ、クマバチなどの全ての幼虫のことを言いますが、昔は幼虫を生で食べることもあったようですが、地域によっては幼虫と成虫もつくだ煮にして食べられる場合もあるそうです。最近は高級な珍味としても缶詰や瓶詰でも販売されています。この蜂の子を食べる習慣は日本では江戸時代にはすでに食べる習慣があったとされています。

蜂の子を見つける方法としては、まずは蜂の巣を発見しなけれればならず、そのためには山に入り蜂が巣をつくりそうなところを丹念に探していく。中でも飛んでいる蜂を一匹見つけて、その蜂が飛んでいく方向でだいたいの予想をつけて探す方法と、餌を運んでいる蜂を見つけることができたら、その蜂を追いかけていくと巣がその近くにあることが多い。また飛んでいる蜂を捕まえて、蜂の足に目印となるような数センチ程度の紐やリボンのようなものをつけて、それを離すと遠くからでも視認性が高くなるので、比較的見失わない可能性が高くなります。

蜂は山間部だけでなく、畑や川や民家の近くでも飛んでいて、気を付けなければならないのは、飛ぶ蜂を追いかけることに夢中になってしまうことで、道路で交通事故にあったり、怪我をしたりする危険性もあります。田畑に無断で立ち入って農作物を荒らしてしまう原因にもなるので、蜂を追いかけることは場所によっては禁止されている地域もあります。いずれにしても、人の田畑を踏み荒らしたり、事故には十分気を付けて蜂追いをすることが大切です。蜂の巣を発見したら、専用の煙幕花火をたいて蜂を追い出して、その間に地中から蜂の巣を掘り出します。この時にくれぐれも蜂に刺されないように十分な防護をすることをオススメします。長野県においては蜂専用の「蜂取り専用の煙幕」が販売されています。採取した蜂の巣からは、表面が膜を張っているので、1匹ずつピンセットで丁寧に取り出します。


蜂の子の含有率の多いサプリ
エノイス トップガンゼット


蜂の子の食べ方
蜂の子食べ方蜂の子の味はいろいろと表現されますが、主につくだ煮にしてしまった場合はつくだ煮の味が強く、生で食した場合はクリーミーという表現をする方もおり、炒った味は卵焼きのような味と表現する人もいます。地域によって食べ方は異なりますが、宮崎県の北部ではオオスズメバチの幼虫をそうめんの上に乗せて一緒に食べる習慣があり、幼虫が繁殖する秋によく食べます。長野県では蜂の子を「すがら」「すがれ」「すがる」と呼んでおり、主につくだ煮、甘露煮にして食べ、缶詰も多く販売されています。静岡県では「蜂の子」をいれた炊き込みご飯を食べる習慣があり「はえはちめし」と呼ばれています。

岐阜県では蜂の子を「へぼ」と呼んでおり、やはり静岡県と同じように「へぼめし」と呼ばれる炊き込みご飯の風習があります。蜂の子の主な食べ方としては、つくだ煮や甘露煮が一般的ですが、生で食べる、素揚げ、バター醤油で炒める、蒸し焼きなどの食べ方があります。海外では中国、メキシコ、タイなどでも食べる習慣があり、古くは中国では約2000年前の漢方の書物に蜂の子を食べていたとされる文献が残されています。


蜂の子の健康作用
蜂の子滋養強壮作用
蜂の子には豊富なビタミンを含むのが特徴で、中でもアルギニンやリジン、チロシン、ロイシンのアミノ酸が、特に疲れた体を元気にさせてくれる成分と言われています。また男性の精力向上に効果的な亜鉛も含んでおり、バランスのとれたたいへん栄養価が高い成分だという事が分かります。蜂の子は、ローヤルゼリーやはちみつを食べて育ちますので、その栄養成分はあのローヤルゼリーを上回るともいえるほどのバランスのとれた食材です。最近は、またこの蜂の子の栄養成分に注目が集まり、男性用サプリメントにも積極的に配合されるようになりました。


耳鳴りの緩和作用
蜂の子を食べると耳鳴りが緩和されたというお話は昔から報告されており、近年の研究によって耳鳴りの難病者を対象にした実験が行われ、個人差はあるにしても定期的に蜂の子を食べることで、食す前よりもだいぶ改善されたとの研究結果があります。そのような作用もあることから、耳鳴り改善のための蜂の子成分を含む健康食品が多く販売されています。

免疫力の向上作用
ローヤルゼリーを上回ると言われる栄養価と、さまざまな種類のビタミン類が身体の免疫力を高めてくれる作用があります。また、とても強い抗菌作用があるおかげで、体内のウィルスに対しても非常に効果的であり、免疫力が落ちることでかかりやすい風邪やインフルエンザなどの防止にも非常に役立ちます。

体力増進作用
蜂の子は昔から食べると元気になると言われて、身体が疲れた時や、病中、病後によく食べられていたそうです。蜂の子の良質なたんぱく質は、身体の組織を強化してくれるエネルギーとなりますので、足りない栄養素を補うことによって、体力の強化、体力増進をしてくれる作用があります。


蜂の子の栄養成分
蜂の子は良質なタンパク質の他に、アルギニン、リジン、チロシン、ロイシンなどの豊富なアミノ酸を含んでいます。その他にもミネラル類、亜鉛、鉄、カルシウム、カロテノイド、ビタミン類が豊富に含まれています。


蜂の子に含まれるアルギニンが多く含まれる食品
鶏肉、大豆、ゴマ、海老、ナッツ類、牛乳
鶏肉大豆ごま海老ナッツ牛乳

ページトップへ