アリシンとは?
にんにくアリシンはサプリで補給できます。 アリシン成分は主に食材ですと、にんにくや玉ねぎ、ネギに多く含まれています。疲労回復効果などが期待できるとして古くから滋養強壮としても知られている代表格がにんにくです。実際にはアリシンが食材に含まれているのではなく、食材のアリインという成分を体内に取り込むことによってそれがアリシンへと変化します。

アリシンは臭いの強い食材に含まれている食材に含まれる大きな特徴があります。これはユリ科の野菜に多く含まれており、にんにくのあの独特の香りはアリシンのものです。にんにくを包丁で切ったり、潰したり、火を通すことによってアリシンがアリインへと変化します。アリインそのものには臭いがなく無臭のものです。ちなみに黒ニンニクとは通常のにんにくを熟成させることによって作られるもので、黒ニンニクという種類のニンニクがあるのではありません。 


アリシン(にんにく)配合のおすすめサプリメント

にんにく&シトルリン
 


にんにく独自の香りはアリシンのしわざ
にんにくを食べたいけれど、あの臭いが苦手、正直気になるという方も多いと思います。最近はにんにくの独特の臭いを極力おさえたニンニクやサプリメントが販売されていますので、栄養価はそのままににんにくの作用だけを上手に利用することができるようになりました。このにんにくのアリシンが良いと言われる理由の1つにビタミンB1と結合しやすい性質があるので、より疲労回復効果が高まるともいわれています。

ビタミンB1の代表格といえば豚肉だと思いますが、豚肉とにんにくを一緒に食べる事は最強の疲労回復ともいえる組み合わせなのです。理想的な食べ方は、にんにくを刻んで生姜焼きのように豚肉と炒めて食べるのがオススメです。加熱すればそれほど気にする必要ありませんが、生のにんにくを大量にたべることは腹痛や時に貧血を引き起こすことがありますので、多くても1日1〜2個程度にしてください。

加熱した場合でも1日に4〜5個程度にしてください。身体が疲れたからといって、一度にたくさん食べても体内に吸収できない栄養素は対外に排出されてしまいますので、それほど効果は認められません。それよりも一度に大量に食べるのではなく定期的に1個ずつ食べた方が効果的です。また、アリシンには抗菌作用があることも分かっています。


ニンニクの臭いに効果的な方法
牛乳を飲む
昔からにんにくの臭い消しには牛乳と言われていますが、それには理由があります。それはニンニクのアリシンは牛乳のタンパク質と結合することで分解されて臭いが消えていきます。また牛乳は胃粘膜を保護してくれる役割があることから、アリシン成分から胃を守ってくれる作用もあります。牛乳の量はコップ1杯(200ml)程度を目安にしてください。

ニンニクを十分に加熱する
にんにくを刻んで、十分に加熱することによって極力臭いを抑えることができます。よく日を通した方が効果的ですので、丸ごと1個を加熱するよりはできるだけ細かく刻んだ方が効果的です。加熱することによって70〜80%の臭いは消えると言われています。

にんにくを漬けておく
にんにくをご家庭の酢などにつけておくことで、臭いが少なくなります。他にも味噌と混ぜでおいておくことでニンニクのアリシンが分解されて臭いが少なくなります。漬けておく期間はお好みで調整をしてみてください。

ガムやタブレット噛む
ガムやタブレットを噛むと、口内の唾液が増え唾液のタンパク質がにんにくの臭いを分解してくれるのに役立ちます。実際にガムやタブレットはお口の中が清涼感に包まれて、実際に息もキレイになります。最近はハードカプセル状のものを飲み込んで胃の中から消臭してくれる機能性の高いものもあります。

これらは、にんにくを食べてしまった後の対処方法となりますので、大事な商談や人会う時は、にんにくを食べないのが一番の方法です。万が一食べてしまった時は上記4つの対処方法でにんにくの臭いを極力消すように努力をしましょう。人と合う時は、人に不快な思いをさせないのがエチケットですから息にも十分に気を付けてください。


にんにくの健康作用
滋養強壮・疲労回復
男性でしたらにんにくの健康作用に求めるのは、疲労回復や滋養強壮作用ではないでしょうか。男はいつでもパワフルに働きたい、毎日の活力をアップしたいという意見が多いようです。疲労回復物質であるビタミンB1を体内に長くとどまらせるためにも、このにんにくのアリシンが効果を発揮します。

生活習慣病予防作用
食品添加物や加工食品、ファーストフードでの食事、運動不足や飲酒、タバコが原因となって引き起こされるといわれているのが生活習慣病です。現代病ともいわれる高血圧や糖尿病は身体の中のコレステロールが増加することが原因と言われており、その血中のコレステロールを抑える働きをしてくれるのがアリシンです。また、人間の細胞を傷つけてしまう活性酸素の除去にもアリシンの抗酸化が役立つといわれています。

心筋梗塞、脳梗塞を予防する作用
血管の流れが悪くなったり、血管が固くなることが原因で起こるのが動脈硬化です。硬くなった血管を柔軟にして血液中のコレステロール値の上昇を抑えることで、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを下げてくれます。

さらには、細くなった血管を広げてくれるスコルジニンという成分が血圧を正常に保つ作用がありますので、血液をスムーズに体内に流してくれます。これは血管内の血栓予防にも大いに役立ちます。

食欲増進作用
アリシンは食欲がないときに食べると胃液や唾液の分泌を活性化して、胃の動きを活発にさせてくれるので食欲増進作用があります。にんにくの独特の香りを嗅ぐだけで、なんだか食欲が出てきたと感じる方もいるようです。さらには胃腸を活発に動かしてくれますので、実際に動きが鈍い胃腸に働きかけて消化を早めてくれる作用があります。

菌から身体をまもってくれる作用
アリシンには殺菌作用があり、一番分かりやすいのは風邪の菌などが体内に入り込んだ場合にやっつけてくれる作用があります。実際にサルモネラ菌やチフス菌、コレラ菌などからも守ってくれるものとして食中毒予防としても使われていた経緯があります。結果的には私たちの免疫力をあげてくれて病気から守ってくれる作用があります。


アリシンが多く含まれる食品
にんにく、ねぎ、にら、たまねぎ
にんにくねぎ  にら玉ねぎ

ページトップへ